脂漏性角化症(老人性イボ)の取り方は?原因・特徴・治療法を紹介

脂漏性角化症(老人性イボ)は全身どこにでも作られる可能性があるイボです。
脂漏性角化症に効果がある市販薬は認められていません。
治療をしたいと考えたときには、皮膚科を受診しましょう。

ここでは脂漏性角化症の原因、特徴、当院で対応している治療法について紹介します。

脂漏性角化症(老人性イボ)の原因

脂漏性角化症の明らかな原因は不明です。
年齢とともに増えていくため、老人性イボとも呼ばれています。
同じ年齢でも脂漏性角化症ができる数に個人差が大きいことから、遺伝的な体質が大きく影響すると考えられています。
顔に発生しやすく、平らなシミが盛り上がって脂漏性角化症になることもあるため、紫外線も発症要因です。

20代の若い人であっても、こめかみや首などを中心に小型の脂漏性角化症が多く見られることがあります。
紫外線の影響をうけにくいはずの胸やおなかにも、年齢とともに脂漏性角化症が出現して数が増えてくることもあります。

脂漏性角化症(老人性イボ)の特徴

脂漏性角化症は全身どこにでも作られますが、こめかみなどの顔や頭部によくみられます。

形は円形~だ円形で、サイズは2mm~2cmになるまでさまざまです。
時間が経過すると少しずつ大きくなります。

見た目は褐色~黒色で、やや盛り上がりがあります。
ほとんどの場合、表面はスベスベもしくはカサカサとしたイボ状です。
通常は痛みやかゆみを感じません。
しかし患部が大きくなると、指や衣類などが患部に当たって出血したり、炎症を起こして赤みやかゆみを感じることがあります。

脂漏性角化症はこのような特徴をもちますが、色や表面の性状によってはほくろや皮膚がんとの見分けが難しいこともあります。
そのようなときには、ダーモスコピー検査や病理検査などで皮膚の状態を詳しく調べます。

脂漏性角化症以外のイボやほくろについて、さらに詳しく知りたいときには「ほくろやいぼの種類と治療法について」をご覧ください。

脂漏性角化症(老人性イボ)の治療法

脂漏性角化症に対して効果のある市販薬は販売されていません。
一般的にイボに効果があるとされる飲み薬や塗り薬も、脂漏性角化症には対象外です。
脂漏性角化症は良性腫瘍のため、症状が悪化しても癌になることはありません。
しかし放置していても、自然に治ることはありません。

そのため刺激やかゆみなどの不快感がある方や、美容上の理由などから脂漏性角化症を除去したいときには、皮膚科を受診して専門的な治療を受ける必要があります。

当院では、脂漏性角化症に対して以下のような治療をしています。

高周波メス

局所麻酔薬を使用した後に、サージトロンという高周波メスを使ってイボを除去します。
高周波の働きにより切除と止血を同時に行えるため、従来のメスに比べると出血が少なく傷あとも小さくなるのです。
液体窒素による冷凍凝固と比較すると赤みや色素沈着が残りにくいのでこちらの治療を推奨しています。

こめかみの脂漏性角化症を高周波メスで除去した症例

治療内容

こめかみにできる茶色い脂漏性角化症でお悩みの方は多く、写真のように高周波メスで除去すると1ヶ月半後にはキズもきれいにふさがり少し赤みが残る程度になっています。
赤みはしばらく残りますが、半年もすれば通常目立たなくなります。
この写真の症例では目の際では脂漏性角化症が残っていますが、今回はこめかみの目立つ部分だけ除去しています。

治療期間・回数

約1か月半、1回

費用

イボ除去11,000円から(今回の範囲であれば22,000円が目安)

リスク・副作用

イボ除去は赤み、色素沈着、凹み、瘢痕、感染、出血

冷凍凝固法

-196℃の液体窒素を患部に塗り、細胞を凍らせて破壊します。
治療中や治療後に痛みがあり、水ぶくれを生じる可能性もあります。
一度だけで治療が終了することはまれで、通常は複数回の施術が必要です。
治療後の色素沈着が目立ちやすいこともあり、当院では冷凍凝固法以外の方法を推奨しています。

レーザー治療

メラニン色素に反応するレーザーを患部に照射する治療法です。
当院ではピコレーザーを使用しています。

患部の盛り上がりが少ないときには脂漏性角化症の色素に反応するため、レーザーのみで除去が可能です。
しかし患部の盛り上がりが強い場合は、ピコレーザーのみで除去するのは難しいため、高周波メスによる施術を推奨しています。

確実な除去ができないというデメリットはありますが、ダウンタイムが短く、赤みや色素沈着のリスクが低い点はメリットといえます。

脂漏性角化症のさらに詳しい治療については、脂漏性角化症(老人性イボ)」をご覧ください。

料金

保険適用

以下は3割負担のときに必要な料金です。

都内在住で中学生までの子どもは公費負担となり実費は0円です。

冷凍凝固法約700円(税込)
手術による除去約7,000~14,000円(税込)
できものの拡大鏡検査約200円(税込)

自費診療

イボ除去(自費の場合)

2ミリ以下 2つ11,000円
3ミリ以上 1つ11,000円

※治療が複数の場合は、大きさの合算で料金計算します

ピコレーザー(ピコシュア)

顔打ち放題 88,000円(税込)
1cmまで14,300円(税込)
1.5cmまで21,450円(税込)
2cmまで28,600円(税込)

※2cm以上は1cmごとに14,300円(税込)追加

※複数の患部を治療する場合は、大きさを合算してから料金計算します。たとえば0.4cmと0.9cmのイボを治療した場合の料金は、0.4cm+0.9cm=1.3cmとなるため21,450円(税込)です。

脂漏性角化症(老人性イボ)に関するご相談、治療なら池袋駅前のだ皮膚科へ

脂漏性角化症(老人性イボ)は、放置していても自然に治らないイボです。
当院では複数の施術により、患部の状態に合わせた治療をしています。
老人性イボのような症状が気になる方は、いつでもご相談ください。

池袋駅前のだ皮膚科はこちら

池袋駅前のだ皮膚科 野田 真史 監修

タイトルとURLをコピーしました