手湿疹が治らないのはストレスのせい?手湿疹の原因、治し方とは

肌のバリア機能が低下すると、手湿疹などの皮膚症状に悩まされるかもしれません。
とくに繰り返し手湿疹の症状が起こるときには、治療以外に適切な予防や対処法を知ることも大切です。
ここでは手湿疹の原因、予防・対処法、治し方を紹介します。

手湿疹とは

手湿疹は主婦湿疹とも呼ばれていますが、主婦以外にも看護師などの医療従事者や、美容師、飲食業などに多くみられる症状です。
「手洗いが多い」、「消毒をする機会が多い」、「かぶれやすい薬液を扱うことがある」といった職種では手湿疹が起こりやすくなります。

また、近年では新型コロナウイルスの感染対策として、アルコール消毒や石鹸を使って手洗いをする機会が多くなっているため、職業にかかわらず手湿疹になる人が増えています。

<原因>

肌の表面にある皮脂膜は、肌の外にある物質が、肌内部の細胞に侵入するのを防ぐ働きがあります。
また細胞に必要な水分を蒸発しにくい環境も保っているのです。
このような働きを「バリア機能」と呼びます。

水や紙、アルコールや洗剤などの肌にとって刺激となる成分に触れる頻度が高くなると、皮脂膜の減少によりバリア機能が低下します。
そうなると外部の刺激を受けやすくなり、皮膚が炎症を起こし、さらにバリア機能が低下してしまうという悪循環が起こってしまうのです。

結果として手湿疹が進行して、カサつきや赤い炎症、かゆみのある水ぶくれなどの症状が起こるのです。

<症状>

手湿疹は以下のような症状が、手指・手のひら・手の甲などにみられることがあります。

  • 乾燥
  • 赤み
  • 湿疹
  • 水ぶくれ
  • かゆみ
  • 痛み
  • ひび割れ
  • ただれ

など

治療をせずに放置していると、皮膚のゴワつきや皮膚が厚くなるなどの症状もあらわれるかもしれません。
さらに症状が悪化すると、亀裂が生じて水がしみることもあります。

手湿疹のような症状に悩んだときには、症状が悪化する前に早めに治療を受けるとよいでしょう。

手湿疹の予防・対処法

繰り返し手湿疹の症状があらわれるときには、自宅でできる予防・対処法を試してみましょう。

原因を避ける

水仕事やアルコール消毒など、刺激となるものには直接触れないようにするのが大切です。
仕事上、どうしても避けられないときには、ゴム手袋などを利用するのもよいでしょう。

また手に水分が残っていると、肌が乾燥しやすく、バリア機能も低下しがちです。
水仕事をしたあとは手についた水分をやわらかいタオルなどで優しく拭き取りましょう。

とくに指の先端や指の間など、水分が残りやすい部分をしっかり拭き取ることが大切です。

保湿する

空気が乾燥しやすい秋~冬には肌の水分が乾燥しやすくなるため、1日3回はハンドクリームを塗りましょう。
また肌の乾燥を防ぐためにも、水やアルコールに触れた後は、その度に塗りなおすとよいでしょう。
敏感肌用・低刺激用のハンドクリームを使って丁寧に保湿するように心がけましょう。
ポケットに入れて持ち運ぶようにすると、いつでもすぐに使用できます。

ストレスを避ける

ストレスは直接の原因ではありませんが、強いストレスを感じると患部をかきむしってしまうことがあるため、症状が悪化する可能性もあります。
また生活が忙しくなると、つい保湿剤を塗り忘れてしまうことも考えられます。
日常生活にゆとりをもち、ストレスを適度に解消して症状の悪化を防ぎましょう。

手湿疹の治療法

当院では手湿疹の治療に、外用薬や紫外線治療を用いています。

それぞれの治療方法について詳しく紹介します。

<外用薬>

保湿剤

保険診療では、ヘパリン類似物質や尿素が配合された保湿剤を処方します。
市販品では、バリア機能を補うセラミド、水分を補うヒアルロン酸の配合された製品がオススメです。
保湿剤を利用することで、赤み、ゴワつき、ひび割れといった手湿疹の症状悪化を防ぎます。

ステロイド

かゆみやゴワツキ、赤みなどの症状があるときには、肌に炎症が起こっているため保湿剤だけの治療は困難です。
このような症状があるときには、ステロイドという種類の外用薬を処方します。

ステロイド薬にはいくつかの種類があるため、一人ひとりの症状に合わせたステロイド薬を適切に選んで治療することが大切です。

市販品にもステロイド薬はありますが、強さが不十分になりがちなことと、適切な使用が難しいことから、皮膚科の受診を推奨しています。

<紫外線治療(エキシマレーザー)>

紫外線治療は、外用薬だけでは治らない症状に用います。
エキシマレーザーと呼ばれる機械を使って、患部に紫外線を照射し、皮膚の炎症を抑えます。

週に2回ほど定期的に治療するのがオススメです。
しかし受診回数を増やせないときには、週に1回もしくは2週間に1回の通院でも効果がみられます。
もしも効果をしっかり実感したいときには、最低でも10回程度の治療が必要です。

手湿疹に関するご相談、治療なら池袋駅前のだ皮膚科へ

手湿疹の治療には保湿剤やステロイド薬などの外用薬が使用できます。
ドラッグストアでも外用薬を入手できますが、一人ひとりの症状に合わせた治療を受けたいときには、ぜひ当院までご相談ください。

当院では、難治性の手湿疹症状に対する紫外線治療もしています。
手湿疹の症状が気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

池袋駅前のだ皮膚科はこちら

池袋駅前のだ皮膚科 野田 真史 監修

タイトルとURLをコピーしました