池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
老人性イボ(脂漏性角化症)
01
老人性イボってなに?

茶色で表面ががさがさすることもある、盛り上がった、境界のはっきりしたできものです。最初は平らなのですが、時間が経つと盛り上がってきます。ウイルス性イボのように大きく盛り上がったもの、比較的平たんなものなど、形は様々です。年齢とともに徐々に増えますので、老人性イボとも呼ばれます。良性のできものです。

 

02
老人性イボの症状は?

顔や頭に多発する場合、背中やおなかに多発する場合、腕や足に数カ所だけある場合、など人により個数も大きさも様々です。

 

03
老人性イボはどうやって診断する?

皮膚がんと区別が難しいこともありますが、拡大鏡(ダーモスコピー)を使うことでたいていは区別できます。区別が難しい場合には切除して顕微鏡を使った検査を行います。

 

04
老人性イボはどうやって治療する?

良性なので、見た目以外には放っておいても大きな問題はないのですが、顔にできた場合や大型の場合には目立つので治療を行ったほうが外見上目立ちません。

 

顔にできた場合、イボに厚みがある場合はラジオ波メスを用いるときれいにとりきれます。塗り麻酔、またはテープか注射の麻酔を行い、ラジオ波メスを使って浅めに削ります。ごく浅いきずになるので、その上に一週間はテープを貼ったままにしていただき、一週間後に再診でテープをはがします。この時点でほとんどの場合はピンク色の皮膚がはり、きずはきれいにふさがっています。ほくろに比べて皮膚の表面にあるできものなので、きずの治りが非常にいいです。

 

茶色くなった盛り上がりが少ない場合にはQスイッチレーザーで治療したほうが赤みを残しにくくきれいにとれます。メラニンに反応するレーザーなので、レーザーを当てると一週間から10日ほどで表面の茶色い部分が剥がれ落ちます。

 

また、冷凍凝固術といって液体窒素を用いた治療が保険適応で行えます。脂漏性角化症による盛り上がりはとれますが、通常一回ではなく何度か冷凍凝固が必要です。回数がかかる分、より多く炎症をおこすので、そのあとに黒っぽい色がラジオ波メスやQスイッチレーザーを用いた場合よりも目立つことが多いです。そのため、当院ではラジオ波メスもしくはレーザーを用いた治療をおすすめしています。

 


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図