毛細血管拡張症の原因・症状は?塗り薬は効果があるの?

毛細血管拡張症は、毛細血管が拡張することで皮膚が赤く見える疾患です。
ここからは「毛細血管拡張症の原因・治療方法」、「毛細血管拡張症を引き起こす酒さの治療方法」などを紹介します。

毛細血管拡張症とは

毛細血管が拡張したままもとに戻らなくなり、皮膚が赤くみえるようになると、毛細血管拡張症と呼ばれます。
ここでは、毛細血管拡張症の原因と症状について紹介します。

原因

アルコールや香辛料など飲食物の影響や、寒暖差、紫外線、ストレスなどに影響を受けて症状があらわれます。
また体質により皮膚が薄い方は、肌の下にある毛細血管が見えることもあるのです。
妊娠中の女性に多いため、ホルモンが影響しているとも考えられています。

また、「酒さ」という皮膚全体に赤みが出て、赤いボツボツがあらわれる皮膚疾患によって、毛細血管拡張症の症状を引き起こすこともあります。

症状

皮膚が赤くなる「赤ら顔」が毛細血管拡張症の代表的な症状です。
患部によって、赤色~赤紫色の毛細血管が皮膚に透けてみえるかもしれません。
とくに鼻や頬などの毛細血管が集まっている場所にできやすい傾向があります。

毛細血管拡張症の治療とは

毛細血管拡張症は、放置していても自然に治癒することはありません。
また、皮膚表面の毛細血管が開いて赤い線のように見える毛細血管拡張症を、長期的に改善させる薬は現在のところ確認されておらず、基本的には赤みに反応する色素用レーザーで治療します。
当院では「Vビーム」で治療しています。

※Vビームについての詳細は「Vビーム治療」をご覧ください。

酒さの治療とは

「酒さ」という皮膚疾患では、毛細血管拡張症や赤ら顔の症状があらわれるかもしれません。
赤い線のように見える毛細血管の拡張には、Vビームのレーザー治療が使えます。
また毛穴の炎症によるボツボツや、肌の赤みの原因に酒さが関与しているときには、塗り薬や飲み薬も有効です。
有効性が確認されている代表的な酒さの治療薬について紹介します。

<塗り薬>

・アゼライン酸(ディーアールエックス® AZAクリア®)

抗炎症作用により炎症を抑えて、肌の赤みやボツボツとした肌状態を治療します。

・メトロニダゾール(ロゼックス)

メトロニダゾールは抗菌薬であり、炎症を抑えて酒さによる毛穴の炎症を治療します。

・イベルメクチン

ニキビダニを減らして酒さの症状を治療します。

肌のボツボツとした症状には、メトロニダゾールよりも効果が高いと言われています

<飲み薬>

・ドキシサイクリン(ビブラマイシン)

抗生剤ですが、抗菌作用ではなく抗炎症作用によって酒さの症状を抑えます。
ニキビ治療にも使われます。

・イソトレチノイン(アキュテイン)

ビタミンAに近い構造をした飲み薬です。
皮脂の分泌を抑え、毛穴の角化異常を正常化して酒さによる毛穴の炎症を抑えます。
酒さのボツボツに対しては、非常に効果的に働きます。
また毛穴の開きや黒ずみを改善できる効果もあるのです。
しかし赤ら顔に対しては、治療効果に個人差があります。

酒さの症状に合わせて各種治療薬を使います。
また、酒さによる肌の赤みやボツボツを軽減するためには、毎日のスキンケアも見なおすとさらに効果的です。

酒さ専用の保湿剤「ベーシックケアAZ」

当院では、酒さ専用の保湿ローション「ベーシックケアAZ」を販売しています。
肌の赤みやボツボツが気になる時には、ぜひご利用ください。

<「ベーシックケアAZ」の特徴>

主成分に、アゼライン酸、セラミド、ナイアシンアミドを含有した保湿ローションです。

敏感肌や乾燥肌の方でも、各種成分を調整して配合しているのでデイリーケアに利用できます。色素沈着や肌くすみ、ニキビ肌のお悩みがある方にもオススメです。

・アゼライン酸

抗酸化作用、抗菌作用により炎症を抑えて、酒さの症状である赤みやボツボツとした肌状態を改善に導きます。
またニキビのもととなる毛穴の詰まりの解消や、皮脂分泌の抑制作用によりニキビ症状の悪化を防ぎます。

濃度の高いアゼライン酸はひりひりしたりと刺激性が高いため、毎日塗れるように濃度を抑えて配合しています。
治療用の濃度の高いアゼライン酸とも併用可能です。

・セラミド

酒さに不足しがちな成分です。
肌のバリア機能に関与している成分であり、酒さやニキビ肌など肌の悩みがある方は積極的に補いたい成分です。

・ナイアシンアミド

セラミドの合成を促進して、乱れがちな肌のバリア機能を正常化します。
抗酸化・抗菌作用により、炎症を抑えて、赤みやボツボツとした肌状態を整えます。

治療薬と併用するときは、まず「ベーシックケアAZ」を塗ってから、酒さの治療薬を重ねて塗布してください。

料金

 院内販売  60g 3,300円(税込)

毛細血管拡張症・酒さに関するご相談、治療なら池袋駅前のだ皮膚科へ

毛細血管拡張症は、放置していても自然治癒が難しい疾患です。
池袋駅前のだ皮膚科では、毛細血管拡張症の治療に、塗り薬ではなくVビームを使っています。
また酒さの治療では、塗り薬・飲み薬を使っており、専用の保湿剤も有用です。

肌の赤みが気になるときには、いつでも池袋駅前のだ皮膚科までご相談ください。

池袋駅前のだ皮膚科はこちら

池袋駅前のだ皮膚科 野田 真史 監修

タイトルとURLをコピーしました