顔にできる黄色や白いブツブツの原因は「脂腺増殖症」?他にも考えられる病気の種類・治し方

顔にできた黄色や白の膨らみがなかなか治らないとお悩みではありませんか。
オイリー肌が目立つ部分にできたときには、「脂腺増殖症」という皮膚疾患かもしれません。

「脂腺増殖症」は、放置していても自然に治ることはありません。
見た目が気になるときには、専門的な治療が必要です。

ここでは、「脂腺増殖症」の原因や治療方法などを紹介します。
「脂腺増殖症」以外にも可能性がある疾患について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

なかなか治らない黄色や白いブツブツ?脂腺増殖症とは

顔にできた黄色や白に見えるブツブツがなかなか治らないときには、「脂腺増殖症」というできものかもしれません。

脂腺増殖症とは

黄~白色のふくらみが、額や鼻などのTゾーンを中心にできる疾患です。
皮脂を分泌する皮脂腺が増殖したり大きくなったりすることでブツブツができると考えられています。

脂腺増殖症ができる直接的な原因は明らかにされていません。
年齢を重ねるにつれてブツブツの数が増えることから、加齢が影響していると考えられています。
若年者でも発症するため、オイリー肌や男性ホルモン、薬などの影響もあると言われています。

脂腺増殖症の見分け方

表面はツルツルとしていてガサガサではありません。
ブツブツは1~5mmほどのサイズで、1つだけできることもあれば、多くできてしまうこともあります。

放置していると少しずつ大きくなるかもしれません。
他の疾患と区別しにくいときには、ダーモスコピーという拡大鏡を使用して診断します。

脂腺増殖症の治し方

脂腺増殖症に対する当院の治療方法を紹介します。

ラジオ波メス

高周波を利用して患部を焼却・切除する方法です。
止血と焼却・切除を同時にできるメリットがあるため、通常のメスに比べると傷口が小さくなり、治りも早くなります。

同じラジオ波メスを使った施術でも、ホクロやイボの場合には、除去した後に再発することはまれです。
しかし脂腺増殖症の場合には、原因となっている皮脂腺を完全に除去しなければ、再発リスクが高くなってしまいます。

そのため当院では、ラジオ波メスで患部のブツブツを取り除いた後に、皮膚に残った皮脂腺を除去して再発リスクを低くできるように努めています。

治療の症例写真はこちら

液体窒素

液体窒素で患部を急速に冷やして、細胞を壊死させる方法です。
脂腺増殖症の細胞を完全に壊すことは難しく、強い痛みや炎症後色素沈着などの問題もあります。

そのため当院では、ラジオ波メスによる治療をオススメしています。

脂腺増殖症以外にもある?顔にできる黄色や白いブツブツ

顔にできる黄色や白いブツブツが気になる時には、なんらかのできものができているのかもしれません。
ここでは脂腺増殖症以外に考えられる代表的な病気の種類と原因について紹介します。

稗粒腫

体のどこにでも作られますが、主に目の周囲に多数のブツブツができる病気です。
顔のうぶ毛が生えるところに多く、ブツブツの中には角質を包んだ小型の袋が含まれています。

小さなお子様にできることもあり、年齢に関係なく発症する疾患です。
症状を繰り返すこともあるため、体質も関係していると考えられています。
また擦り傷やヤケドなどをきっかけにして発症することもあります。

自然に袋が破れて消えてしまうこともありますが、1年以上消えないことも珍しくはありません。
除去したい場合には、針やレーザーを用いて穴を開けてから摘出します。

粉瘤

皮膚の内側に袋が作られ、袋の中にアカや皮脂などが蓄積するできものです。
全身どこにでも作られますが、とくに顔や首、耳の後ろ、背中などにできやすい傾向があります。
粉瘤が発生する原因は明確にはなっていません。
外傷やウイルス感染が関与していると考えられています。

できたばかりの頃は小さくても、放置していると少しずつ大きく膨らんでいきます。
炎症を起こすと赤く腫れて痛みを感じるかもしれません。
できもののため、放置していても自然に治ることはありません。
除去したい場合は中央の穴をくり抜いて袋ごと取り出します。

汗管腫

汗管という汗を分泌する器官の細胞が増殖することで、まぶたや目の下、額などに盛り上がったイボのような橙色で小型のできものが作られる皮膚疾患です。
顔以外にも胸やおなかにできることもあります。

具体的な原因は不明ですが、加齢や遺伝が関係していると考えられています。
できもののため、放置していても自然に治ることはありません。
除去する場合は小さく縫わずにくり抜いて除去、もしくは高周波メスを用いて除去します。

顔にできた黄色や白いブツブツに関するご相談、治療なら池袋駅前のだ皮膚科へ

「脂腺増殖症」は、放置していても自然に治らない疾患です。
当院では「脂腺増殖症」が再発しにくいように、ラジオ波メスを使って治療しています。

医師の診察により「脂腺増殖症」以外の疾患だとわかったときでも、当院で治療が可能です。
気になる黄色や白色のブツブツが顔にできたときには、お気軽にご相談ください。

池袋駅前のだ皮膚科クリニックはこちら

池袋駅前のだ皮膚科 野田 真史 監修

タイトルとURLをコピーしました