池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
治療の特色/The characteristics of treatment
ダーマペン(顔のハリ、毛穴、ニキビあと)

ダーマペンとは10本以上の針がついた装置で皮膚の表面に目に見えないくらい微細な穴を開けて、皮膚の自然の修復能力で皮膚を若返らせる治療法です。顔の小じわ、はり、毛穴、ニキビあとなど、皮膚表面のトラブルに効果があります。

 

針を顔全体に刺すと効くと怖いと感じてしまう方がいるかもしれませんが、ごく細い針ですので、痛みも少なく、出血も少量です。ダーマペンににた治療としてフラクショナルレーザーがありますが、ダーマペンの場合は皮膚に熱のダメージが加わらない分、術後にメラニンが皮膚に沈着してしまうリスクを避けることができます。

 

皮膚がほてって赤くなるのは施術後の数時間ですし、額やほほに出やすい小さな2-3ミリほどの内出血も数日すればおさまります。フラクショナルレーザーに比べてダウンタイムが短いのもダーマペンの特徴です。

 

当院ではベネブ(BENEV)という成長因子の入った薬剤を顔にぬってからダーマペンを使いますので、針による刺激でコラーゲンができて肌に張りができるのと同時に、成長因子が針穴から皮膚に浸透し、肌の再生を手助けします。

 

小じわ、はり、毛穴、ニキビあと、妊娠線と多くの肌のダメージに有効でダウンタイムの少ない治療なので、一度ご相談ください。

 

マイクロニードル治療 Derma pen ダーマペン

 


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図