池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
赤ら顔(酒さ)

酒さとは赤ら顔になる皮膚の症状です。特に両ほほで目立ち、赤み、赤いぼつぼつや血管が開いてちりちりした症状(血管拡張と呼びます)が出ます。顔の表面のデモデックス(Demodex)というダニの一種や顔の皮膚表面の免疫異常が原因と言われています。完全に症状をなくすことは難しいですが、ぬり薬とのみ薬、レーザーを使うことで症状をおさえることができます。

 

外部の記事で赤ら顔、酒さについて詳しく記載していますので参考にしてください。

https://allabout.co.jp/gm/gc/463230/

 

01
酒さの治療

海外で酒さの治療薬として認められている薬にロゼックス(メトロニダゾールが成分)という抗菌薬、炎症をおさえるアゼライン酸、デモデックスに効果のあるイベルメクチン、開いた血管を縮める作用のあるブリモニジンがありますが、いずれも日本では酒さに対する処方薬として保険診療では認められていません。

 

酒さの赤いぼつぼつにはニキビに使うぬり薬が有効です。ニキビに使用するディフェリンやベピオゲル、抗菌薬の塗り薬が有効です。

 

当院では自費にはなりますが、海外で最もよく酒さに使われているぬり薬のロゼックスゲルを処方しています。赤いボツボツがひくのと、赤み自体にもある程度の効果を期待できます。

 

ぼつぼつよりも赤みや血管が開いた症状(血管拡張)が強い酒さの場合には、アトピー性皮膚炎の治療に開発されたプロトピックという塗り薬を使うことがあります。プロトピックは酒さの赤みを抑える効果がありますが、塗るのを止めると再発することが多いです。

 

ステロイドをぬると酒さは短期的に改善しても、長期的には赤みやぼつぼつが増し逆に悪化しますので、湿疹と酒さをしっかり見分ける必要があります。

 

02
酒さの飲み薬

抗生剤の飲み薬であるビブラマイシンやミノマイシンは毛穴の炎症を抑え、ポツポツを減らす効果があります。ニキビにも使われている飲み薬です。飲み薬を2-3ヶ月ほど内服することで、ポツポツの多い酒さにはかなりの効果を期待できます。

 

03
レーザー

酒さによる赤みには塗り薬や飲み薬よりもレーザーを使い、血管の開きや赤みを抑えるのが有効です。当院にはVbeam 2というこの赤みに反応するレーザーを使用しています。月に1回から3ヶ月に1回ほど治療を行い、3~5回ほど行うと赤みやちりちりした血管の開きが改善します。症状によっては一度の照射でかなりの効果が出ることもあります。

 

血管が開いて顔に赤みが出てくる原因としては体質以外にも日光によるダメージが大きな影響をもちます。毎日日焼け止めをぬりましょう。また、酒さの患者さんの皮膚は刺激を受けやすく顔がピリピリすることが多いので、普段のケアとして保湿剤もまめに塗りましょう。

 


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図