土日診療あり。JR池袋駅東口徒歩1分。池袋35番出口すぐ

池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

キュアジェットとは?ジュべルック・ジュベルックボリューム(レ二スナ)併用による施術効果やダウンタイムについて解説

治療の特色 /Common diseases

キュアジェットとは?ジュべルック・ジュベルックボリューム(レ二スナ)併用による施術効果やダウンタイムについて解説

「ジュベルックを受けたいけど、注射やニードルの痛みのある施術は避けたい」
「ニキビ跡の治療をしたいけど、ダウンタイムが少ない治療を受けたい」
「刻まれたシワをどうにかしたい」

このような悩みを持つ方におすすめの施術が、キュアジェットです。今までの主な施術方法はニードルや注射を用いたものでしたが、痛みの少ない無針のキュアジェットという機器を用いた施術が新たに導入されています。

この記事では、ジュベルック・ジュベルックボリューム(レニスナ)の施術で痛みを避けたい方や金属アレルギーがある人におすすめの施術方法のキュアジェットについてお伝えします。

目次(クリックで開閉)

ジュべルック・ジュベルックボリューム(レニスナ)とは

韓国で人気のジュベルック・ジュベルックボリュームは、PDLLAと呼ばれるポリ乳酸を成分としたスキンブースター薬剤です。どちらもコラーゲンの生成を促進する働きにより、肌のハリ、凸凹のあるニキビ跡、毛穴の開き、シワなど多くの肌悩みにアプローチできます。注入後は1~2年かけてゆっくりと体内に吸収するため、持続的な効果が期待できる薬剤です。キュアジェットを用いた施術では、ジュベルック、レニスナどちらも併用可能です。

レニスナはジュベルックよりも粒子が大きく濃度が高く、手打ちで注入する場合はジュベルックより深く真皮下~皮下組織に注入します。キュアジェットの場合はごく少量を拡散させて真皮に送り込むことができるため、浅い層にもレニスナを使用できます。

キュアジェットを用いたジュベルック・レニスナの施術がおすすめの症状

  • ニキビ跡
  • 額、眉間、バニーライン、ほうれい線、首の刻まれた深いシワ
  • 肌のハリ
  • 毛穴の開き、たるみ
  • 小ジワ

ジュベルック・ジュベルックボリューム(レニスナ)の特徴

副作用が少ない

2つの薬剤に使われている「ポリ乳酸」という薬剤は粒子が丸く形作られており、注入する部位の周りの細胞に刺激が少なくなります。そのため、肉芽形成やしこりなどの副作用が少ない特徴があります。

効果が長く持続する

即効性があるわけではなく、ポリ乳酸の作用で3回程度の注入から徐々に効果が出る製剤です。ポリ乳酸は肌の内部を刺激して真皮層の線維芽細胞からコラーゲン生成を促進する働きがあり、注入後は1~2年かけて体内で分解されます。そのため、従来のヒアルロン酸等と異なり、持続的な効果を期待できます。

局所注入できる

両薬剤とも局所にキュアジェットを用いて注入できるため、肌の悩みが気になる部位に細かくアプローチできます。

直接キュアジェットを皮膚に接して狭い範囲に注入を行なうと

  • 1箇所から比較的広い範囲の局所的なニキビ跡・傷跡の凹み
  • 額、眉間、バニーライン、ほうれい線、首の刻まれた深いシワ

広範囲に皮膚から少し離してキュアジェットの注入を行なうと

  • 小ジワや毛穴
  • 肌のハリ

ジュべルックの効果的な施術方法とは?

今まで当院のジュベルック施術は「トライフィルによる注入」、「ポテンツァによる注入」と「手打ちの局所注射」の3種類でしたが、新たに針を使わずに痛みの少ない施術ができる「キュアジェット」を導入しました。痛みや刺激が苦手な方にも受けていただきやすい施術方法です。それぞれの施術の特徴をご紹介します。

キュアジェットによる施術

キュアジェットは、韓国で約1年先行して販売が開始され、日本でまだ始まったばかりの施術方法です。ジェットの力を磁力を使って作り出し、高スピードで皮膚に向かって噴射することで、薬剤を皮膚の浅い表面へ針を用いずに届けることができます。

注入の際、ジェットの力で皮膚の浅い真皮層の組織が断裂し、そこに薬剤を届けるため、
・断裂した組織が再生する過程での皮膚の再構築(マイクロサブシジョン)
・ジュベルック・レニスナによるコラーゲン生成

という2つの効果を期待できます。そのため、単純に手で針を用いて注入する場合よりも効果を増幅でき、効果の持続時間が長くなります。

また、皮膚の浅いところに少量ずつ分散させて均一に薬剤を注入できるため、レニスナ(ジュベルックボリューム)もジュベルック同様皮膚の浅いところに使用することができます。

ジェット噴射が皮膚に当たるぱちぱちとした痛みはありますが、一般的に針を刺入する場合よりは痛みは少なくなります。出血や内出血も出ますが、針で刺入した場合よりも持続期間は一般的に短くなり、出血は短時間でとまり、内出血も5日前後で消失することが多いです。

ポテンツァでの施術

ポテンツァのドラッグデリバリーシステムを利用した施術では、下記の3つによって、ニキビ跡、毛穴、小じわ、肌のハリに効果が期待できます。

  • マイクロニードルの働きによる「創傷治癒効果」
  • 高周波(RF)照射による「肌細胞の活性化」
  • 肌内部の真皮層にジュベルックが均一に注入されることによる「コラーゲン産生促進」

ポテンツァの場合はキュアジェット、トライフィル、手打ちのいずれに比べても皮膚内に入る薬剤の量は少なくなりますが、その分高周波による熱作用と複数の微細な針によるマイクロニードルの効果が高くなるのが特徴です。

トライフィルでの施術

トライフィルのドラッグデリバリーシステムを利用した施術では、下記の作用によって、ニキビ跡、毛穴、小じわ、肌のハリに効果が期待できます。

  • 針から炭酸ガスを注入することにより真皮内に空間が作られ、それが治癒する過程での「マイクロサブシジョン効果」
  • 肌内部の真皮層にジュベルックが均一に注入されることによる「コラーゲン産生促進」

トライフィルはキュアジェットとは異なり、炭酸ガスを皮内に注入して肌の浅い層を剥離し、マイクロサブシジョンの効果を出します。針で炭酸ガスと薬剤の注入を行いますので、痛みは一般的にキュアジェットよりも強くなります。ダウンタイムは通常3~5日程度ですが、2週間程度持続することもあります。

顔の広範囲で毛穴やニキビ跡に施術することが多いですが、局所のニキビ跡の凹みに強めに施術することも可能です。

局所の手打ちでの施術

肌の広い範囲ではなく、気になる箇所に局所的にアプローチしたい場合におすすめです。医師が手打ちで気になる箇所にジュベルックを注入します。症状や悩みをヒアリングした上で、適切な注入量や注入箇所を調整するため、一人ひとりの症状や悩みに合わせた施術が可能です。目の下の施術では内出血がでやすいですが、そのほかの部位では内出血のリスクを少なく治療できます。内出血が出た場合は吸収されるのに2週間ほどかかります。

キュアジェット施術がおすすめな方

ポテンツァや局所注射と違って無針であり、皮膚の浅い場所に薬剤を均一に拡散させるため下記のような方におすすめです。

  • 痛みや針が苦手な方
  • 金属アレルギーなどで施術を受けられなかった方(中空照射では金属アレルギーがあっても施術可能)
  • ニキビ跡の治療でTCAクロスやサブシジョンよりもダウンタイムが少ない局所の治療を希望の方
  • 広い範囲ではなく、局所的なニキビ跡がある方
  • 水疱瘡の跡がある方
  • 傷跡の凹みを治療したい方
  • 眉間、バニーライン、ひたい、ほうれい線、首などの刻まれたシワがある方
  • ニキビ跡の治療で頻回に受診できないため、ほかの治療と組み合わせてできるだけ効果を上げたい方(サブシジョン、トライフィル、ポテンツァ、ダーマペンと同日の治療可能)

キュアジェットの特徴

キュアジェット

痛みが少ない

針を刺さずにジェットの力で皮膚の浅い場所に薬剤を均一に拡散させるため、注射に比べて痛みが少ない特徴があります。注射やニードルなどの痛みが伴う施術をできれば避けたいという方におすすめです。

腫れを最小限に抑えられる

注射の場合は刺した箇所に赤みを帯びた腫れが生じる場合があります。キュアジェットの場合は噴霧による加圧で薬剤を注入するため、施術後に鎮静すれば腫れや赤みが引きやすくダウンタイムを短くすることが可能です。個人差はありますが、ダウンタイムは数日~1週間程度と短めです。

正確に真皮に存在する組織にアプローチできる

注入量や回数等を設定することで、ジェットの力によって正確に真皮に存在する組織を低侵襲に均一に切断できます。そのため、表皮だけでなく真皮層から肌のハリ、ニキビ跡、毛穴の開き、シワなど多くの肌悩みにアプローチできます。

真皮深層(2.5mm)まで噴射可能なため、深いニキビ跡にも効果的。広範囲のニキビ跡よりも、局所的なニキビ跡におすすめです。広い、深いへこみには針によるサブシジョンと組み合わせることでさらに効果を上げることができます。

ニキビ跡の治療で他の治療と組み合わせて効果を上げられる

キュアジェットでのニキビ跡治療は、TCAクロスやサブシジョンよりもダウンタイムが短く局所の治療が可能です。ニキビ跡の治療で頻回に受診できないため、他の治療を組み合わせてできるだけ効果を上げたい方におすすめです。

サブシジョン、トライフィル、ポテンツァ、ダーマペンと同日の施術も可能。特にサブシジョンと併用すると、深いへこみをサブシジョンで、表面のへこみをキュアジェットで治療できるのでおすすめの組み合わせです。

ジュベルックボリューム(レニスナ)を浅い部分に使うことができる

ジュベルックボリュームはボリュームを出す治療のため、手打ちの場合は深く注入する必要があり、浅い場所に打つとしこりが残るリスクを伴います。キュアジェットだとジェットの力で拡散して一か所に少量しか入らないため、ジュベルックボリュームを浅めに使ってもしこりのリスクが限りなく低いと考えられています。

キュアジェットを用いたジュベルック・ジュベルックボリューム(レニスナ)の施術間隔、回数

施術は1回だけで終了するわけではありません。2-4週に1回、3-5回程度の治療回数が目安です。

キュアジェット施術費用

以下の施術は、公的医療保険が適用されない自由診療です。

接触モード
キュアジェット(1箇所のみ) 22,000円
キュアジェット(5箇所まで) 33,000円
キュアジェット(眉間、ほうれい線のシワ) 33,000円
キュアジェット(額、首の横ジワ) 44,000円
中空照射(肌質改善)モード
ひたい、鼻 33,000円
頬、首、手背 44,000円

副作用・注意事項等

ジュベルック・レニスナ(キュアジェットによる施術)

禁忌

妊娠中の方

副作用

内出血、赤み、むくみ、色素沈着、ごくまれに硬結など

注意事項

洗顔やメイクについては、施術部位(穴が開いている部分)以外は施術直後からできます。施術部位の洗顔やメイクは、施術翌日から可能です。

施術当日はシャワーが可能です。しかし入浴は翌日からにしましょう。
施術部位のマッサージは1週間後からにしてください。
血行がよくなる行為(スポーツ、エステ、サウナ、大量の飲酒など)については施術翌日以降にしましょう。

治療の流れ

初診時には、患者さまの肌の状態を診察、お悩みを伺った上で適切な治療計画を提案します。治療方法によっては数回治療が必要になる場合があり、必要に応じアフターケアについてもアドバイスします。

ジュベルック・ジュベルックボリューム(レニスナ)のキュアジェット施術をしたい方は「池袋駅前のだ皮膚科」へご相談ください

池袋駅前のだ皮膚科では、患者さまの状況に合わせた適切な治療をご提案いたします。ひとりで悩まず、ジュベルックの施術方法で悩んでいる方は、まずはお気軽にご相談ください。

当院の受付システムについては、こちらをご確認ください。

【池袋駅前のだ皮膚科|野田真史 監修】

未承認医薬品等の表示

ジュベルック・レニスナについて

未承認医薬品等

ジュベルック・レニスナは医薬品医療機器等法上、未承認医療機器です。

入手経路等

当院医師の判断の元、ネイチャーフォース・ジャパン社より個人輸入しています。
個人輸入された医薬品等の使用によるリスクに関する情報はこちら
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/index.html
をご覧ください。

国内の承認医薬品などの有無

同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。

諸外国における安全性等に関する情報

ジュベルック・レニスナは、米国FDAと韓国KFDAの承認を受けており、皮肉注射における安全性が認められています。

キュアジェットについて

未承認医薬品等

キュアジェットは、医薬品医療機器等法上において国内で承認されていません。

入手経路等

韓国のバズバイオメディック会社から個人輸入しています。
個人輸入された医薬品等の使用によるリスクに関する情報はこちら
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/index.html
をご覧ください。

国内の承認医薬品などの有無

国内で同程度の効能・効果で承認されている国内承認医療機器はありません。

諸外国における安全性等に関する情報

韓国KFDAの承認を受けており、注射式シリンジ/液状の薬液を磁力やバネで噴霧し、皮膚に通して注入する装置として安全性が認められています。

東京都豊島区東池袋1丁目2-2
東池ビル3階

  • ご予約・診療について
    お電話
  • 待ち時間を短縮
    WEB受付
  • 池袋駅からすぐ
    アクセス