池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科

ほくろ除去の治療なら池袋駅前のだ皮膚科へ|部位や大きさに応じて適した除去の治療を選択しております

治療の特色 /Common diseases

ほくろ除去

ほくろは良性のできものですが、ひっかかって出血する、見た目に気になる、など懸念があれば日帰りの施術で除去することができます。注射による局所麻酔を使いますので最初にチクっとした採血のような痛みがありますが、その後は痛みなく治療を終えることができます。場所や大きさに応じて高周波メス(サージトロン)、くり抜き法、メスでの切除、の中から除去する方法を選択することで、治療後の傷跡を極力抑えることができます。

 

ほくろ除去にはどのような方法がありますか?

 

当院では高周波メス(サージトロン)、くり抜き法、メスでの切除、の3つの中から部位や大きさに応じて適した方法を選択しています。小型の場合は高周波メスやくり抜き法、大型の場合はメスでの切除を選択することが多いです。

 

1.高周波メス(サージトロン)

 

高周波メスは、高周波を発する器械を使うことでほくろの組織を蒸発させて除去する治療法です。浅くなだらかにほくろを削り取ることができます。ほくろ除去と同時に止血できるので他の方法に比べて手術中や術後の出血が少ない、縫わないので抜糸が必要ないところが利点です。

 

ほくろ除去した場所は、術後すぐには同じくらいのサイズの浅い傷になり、大きさによりますが1−2週間程度で傷がふさがります。傷がふさがったあとには赤みが残り、元のほくろのサイズや肌質にもよりますが、1−3ヶ月程度で徐々に消えていくのが通常です。

 

ほくろ除去症状例

唇の下にあるほくろでお悩みだった患者様、当院の高周波メス、サージトロンを使って除去して1年後、傷跡もどこにあったのかわからないほど目立たなくなっています。

 

このような小型のほくろは盛り上がっていても平坦でも、縫わずに高周波メスできれいに除去できることが多いです。大型の場合はくり抜き法やメスで切ったあとに縫う方がきれいなこともあるので、大きさや部位によってほくろを除去する方法を使い分けています。

ほくろ除去症状例

ほくろが頬に多数あった30代女性の患者様ですが、すべて高周波メスのサージトロンを使って当院で除去したところ、跡形なくほくろを消すことができました。近くで見ても元々どこにほくろがあったのかわからないほどです。

 

2.くり抜き法

 

くり抜き法では「パンチ」もしくは「トレパン」という円形の刃がついた器具を使ってほくろを除去します。1−6ミリまで様々なサイズがあり、ほくろの大きさに応じてサイズを使い分けます。ほくろは良性のできものですので、通常はほくろぎりぎりのサイズでくり抜いてホクロを除去します。

 

くり抜いた部分には穴があきますが、2ミリ以下で小型の場合は縫合しなくても自然にふさがります。部位にもよりますが、3ミリ以上であれば通常縫合して傷の治りを速くします。

 

皮膚の深くまで入り込んでいるほくろの場合は高周波メスで除去しきれないことがあり、その場合はくり抜き法を使うと深い部分のほくろまできれいに取り切れることが多いです。また、高周波メスに比べてまわりの皮膚に対する熱によるダメージが少ないので、術後の赤みが出にくいのも特徴です。

 

ほくろ除去症状例

写真は当院でほくろを除去した20代女性の患者様の4ヶ月後の写真です。5箇所のほくろをいずれも2ミリの小さな範囲でくり抜き法で除去して縫わずに治療終了にしました。今はもともとほくろがあった場所が目を凝らしてもわからず、この写真を撮るときに患者様に直接尋ねてしまったくらいでした。

 

3.メスによる切除

 

6ミリを超えるほくろではパンチのサイズを超えることもありくり抜き法では除去が難しく、また皮膚深くまでほくろの細胞が入り込んでいますので、メスで完全にほくろを除去して縫い合わせる方法を選択することが多いです。顔の場合は1週間程度、ほかの体の部位の場合は2週間程度で抜糸が必要です。

 

頭など傷が目立ちにくい場所である、抜糸で再診に近日中に来院できない、など大型のほくろでも理由がある場合には高周波メスでの除去を選択する場合もあります。

 

ほくろ除去で痛みはありますか?

 

高周波メス、くり抜き法、切除縫合のいずれでも注射による局所麻酔を行いますので、そのときにチクっとした針の痛みがあります。採血の際の針を刺す痛みと似ています。麻酔が効けばその後はほくろを除去するとき、縫合するとき、いずれも痛みはありませんので、方法によって痛みの差はありません。

 

ほくろ除去後も大きな痛みは通常なく、痛み止めの内服も必要ないことがほとんどです。

 

ほくろ除去で受診は何回必要ですか?

 

時間予約なしの初診でも受診当日のほくろ除去を承っています。診察からほくろ除去までの待ち時間は混雑状況次第になります。縫合した場合は1−2週間で抜糸が必要です。縫合しない場合でも2週間後程度で傷の状態を通常診ていますが、患者様のスケジュールに合わせています。ほくろ除去翌日の受診は必須ではないですので、特に問題がなければ期間をあけての受診でも大丈夫です。

 

ほくろ除去にはどの程度の時間がかかりますか?

 

除去自体に要する時間は5−15分程度で、大きさやどの手技を選択するかによります。

 

頭やまぶたのほくろも除去できますか?

 

除去できます。まつげの際までであれば除去が可能です。

 

ほくろ除去後に入浴やシャワーは可能ですか?

 

可能です。縫合した場合は出血が多いこともありますので、当日はシャワーだけのほうが望ましいです。高周波メスで除去した場合は出血のリスクが少ないので当日からの入浴も問題ありません。

 

ほくろ除去後に運動や飲酒は可能ですか?

 

高周波メスでの除去であれば出血のリスクは小さいので、除去当日でも可能です。くり抜き法や切除縫合の場合は出血が増えるリスクを考えて、翌日以降が望ましいです。

 

術後の処置はどのようにしますか?

 

出血が少なければ、キズパワーパッドのようなハイドロコロイドのパッチを貼っておくと傷表面への摩擦など刺激を避けられますので、傷がきれいに治りやすいです。テープが剥がれなければ1週間程度貼りっぱなしで問題ありません。テープが剥がれてしまう場合やテープで痒くなってしまう場合は術後にお渡しする抗生剤の塗り薬を塗るだけで対処する場合もあります。

 

再発する可能性はありますか?

 

ほくろは良性のできものですので、傷跡を最小にすることを考えぎりぎりの範囲で除去を行います。極力ほくろを取りきるように施術を行いますが、再発のリスクはゼロにはなりません。再発を疑う場合はその後の対処を診察で相談できます。

 

ほくろ除去のご相談は池袋駅前のだ皮膚科へ

当院ではほくろ除去で高周波メス、くり抜き法、切除縫合法いずれでも多数の治療経験が多くあり、先の写真でご覧いただいたとおり大きく改善がみられています。見た目で気なる、ひっかかるとお悩みの方はご相談ください。受診当日、予約無しでの治療が可能です。

東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • ご予約・診療について
    お電話
  • 待ち時間を短縮
    WEB受付
  • 池袋駅からすぐ
    アクセス