池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
じんましん(蕁麻疹)

じんましんは全身のアレルギー反応が原因で起こります。体の一部にかゆみのある赤い発疹が出て、全身に広がります。湿疹と違ってがさがさはしていないこと、1日の中でも発疹の出る場所が移って出たり消えたりするのが特徴です。

 

院長が過去に記載した記事もご参照ください。
https://allabout.co.jp/gm/gc/470129/

 

9割ほどの患者さんでは何がアレルギーの原因になったのか不明のことが多く、「特発性じんましん」と呼ばれます。食物アレルギーが原因のじんましんも多く、この場合は数時間前に原因となる食べ物を食べたというエピソードがあります。子どもでは卵、牛乳、大豆に対するアレルギーが多く、大人ではエビ、カニが多いです。

 

数日ですぐにおさまってしまう「急性じんましん」と6週間以上続き、場合によっては年単位で症状が出たり消えたりする「慢性じんましん」に大きくわけられます。食べ物など、原因がある場合には原因がなくなるとおさまるので、急性じんましんのことが通例です。この場合は症状のあるときだけ飲み薬の治療を行い、症状がなくなれば治療をストップしても問題ありません。

 

一方、慢性蕁麻疹の場合には長期間、原因がはっきりしないにもかかわらず症状が出続けるので、毎日定期的に飲み薬を飲んでおさえる必要があります。

 

特定の原因を疑った場合にはView 39、Mast 36といったアレルギーテストや総IgEや好酸球といったアレルギー関連の項目を含めて採血を行うことがあります。

 

アレルギー検査についてはこちらの記事を参考にしてください。
https://allabout.co.jp/gm/gc/471329/

01
じんましんの治療

じんましんの治療の基本は「抗ヒスタミン薬」という飲み薬です。2世代目の眠気の少ない抗ヒスタミン薬を「抗アレルギー薬」と呼ぶこともあります。この薬は花粉症やアレルギー性鼻炎にも使い、アレグラやアレジオンなど一部は市販もされています。

 

クラリチン、ザイザル、アレジオンといった、1錠の内服で効果が長くもち、眠気の副作用が少ないタイプの抗ヒスタミン薬をじんましんの治療にはよく使います。ほかにもよく使われる薬として、1日2回内服のアレグラ、タリオン、アレロックが挙げられます。デザレックス、ビラノア、ルパフィンといった最新の抗ヒスタミン薬は特に眠気が少なく、1日1回の内服で効果が持続するため、使いやすい薬です。効果が不十分な場合には一度に飲む量を増やして対応します。

 

抗ヒスタミン薬というカテゴリーには多くの薬があり、どれも眠気以外の副作用はほとんどないので使いやすい薬です。ただ、ひとりひとりに一番効く抗ヒスタミン薬が変わってきます。最初に使った薬が効けば最もよいのですが、そうでない時には量を増やす、ほかの薬に変える、などして合う薬を探していきます。

 

じんましん、特に慢性蕁麻疹は毎日抗ヒスタミン薬を飲まなければ赤みのある発疹が出現してしまうことが多いので、毎日定期的に飲み薬を飲んで治療します。眠気以外の副作用はほとんどありませんので、長期間飲んでも大きな心配はありません。


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図