ウイルス性イボ(尋常性疣贅) - 池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
ウイルス性イボ(尋常性疣贅)

イボと言われる小型の顔や手足に多いできものですが、多くの種類のできものが混ざっていてうつるウイルス性のもの、体の中から年齢とともにできるものがあります。イボの種類により治療が異なりますので、しっかり診断をつけるために皮膚科を早めに受診しましょう。間違った治療をすると再発を繰り返したり、治療の仕上がりが汚くあとが残ってしまうことがあります。

01
ウイルス性イボとは?

疣贅(ゆうぜい)という難しい名前は聞き慣れないと思いますが、ウイルス性イボのことです。子ども、大人問わず手や足の指、手のひらや足の裏に多くできます。最初は平たんで少し盛り上がっている程度ですが、時間とともに盛り上がりが大きくなり、サイズも広がります。ウイルス性ですので、皮膚が直接接触することでうつります。ありふれた病気のため、どこでうつったか特定は難しいです。足のイボをさわっていて指にうつるなど、自分の中でも感染が広がります。

02
ウイルス性イボの症状は?

手足を中心にぼつぼつと皮膚が盛り上がってきますが、通常かゆみや痛みなど症状はありません。足の指や足の裏にできてもりあがりが強い場合には、たこ・うおのめと同じように押すと痛みがある場合があります。

03
ウイルス性イボはどうやって診断する?

手足に中央が黒い、もしくはがさがさした盛り上がりがあれば診断をつけることができます。たこ、うおのめとの違いが見分けにくいことがありますが、中央に黒い出血点が見えればイボの診断になります。ウイルス感染により、イボの表面に血管が増え、その部分が赤黒く見えます。

04
ウイルス性イボの治療は?

悪い病気ではないのですが、治療しないと通常は数が増え、治療が難しくなります。ウイルス性のイボを疑ったら早めに相談してください。

 

冷凍凝固療法

 

保険診療である液体窒素を使った「冷凍凝固療法」が効きます。イボのできた場所の皮膚が厚いほど、サイズは大きいほど治療に時間がかかります。早めの治療が重要ですので、イボかもしれないと思ったら早めに皮膚科を受診しましょう。

 

手のひらなど皮膚の薄いところであれば一回の治療で良くなることもありますが、足の裏や指など、皮膚の厚いところであれば1~2週間おきの治療を数ヶ月繰り返さなければ消えないこともよくあります。月に4回まで、1週間程度間隔を空けての治療であれば保険がききますので、まめに受診して治療しましょう。

 

スピール膏(サリチル酸パッチ)

 

特に皮膚が厚く液体窒素だけでは治療が難しい足の裏のイボでは「スピール膏」という角質をふやかせて剥がすテープを一緒に使うと効果的です。2ヶ月ほど根気よく、毎日テープを小さく切って紙テープで固定していると、白くふやけてイボのすみついて分厚くなった皮膚がはがれ落ち、イボが小さくなっていきます。スピール膏も保険診療で処方できます。

 

オキサロール(ビタミンDの塗り薬)

 

オキサロールなどのビタミンDの塗り薬をぬると角質がふやけていぼが剥がれ落ちることがあり、治療として使うことがあります。ぬったあとにバンドエードなどで上を密閉すると特に効果的です。

 

切除(ラジオ波メスなど)

 

難治性のウイルス性イボでは「ラジオ波メス」を用いたイボの除去や「手術」による切除を選択することもあります。

 

ほかの内服薬や外用薬

 

また、多発するイボではベセルナクリームの外用やチガソンやヨクイニンの内服が効く場合があります。様々な治療法を用意していますので、ほかのクリニックでイボが治らなかった場合でもまずご相談下さい。

 


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web予約
  • 地図