池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
脂肪腫
01
脂肪腫ってなに?

体のどこにでもできる脂肪のかたまりです。ポコッとしたやわらかいできものができて、少しずつ大きくなってくるのが特徴です。大きさは様々ですが、2センチ程度と小さなこともあれば、10センチを超える大きさになることもあります。

 

02
脂肪腫の症状は?

通常無症状ですが、大型になり周りの皮膚や筋肉を圧迫するようになると、その部分に違和感を感じることがあります。また、硬いタイプの脂肪腫では圧迫すると痛みを感じることがあります。

 

03
脂肪腫はどうやって診断する?

通常は皮膚の見た目で診断をつけます。やや深いところにあり、触ると柔らかく押しても痛みがないのが特徴です。多くの方が、数年の経過で徐々に大きくなってきたとおっしゃいます。

 

MRIによる画像診断を行えばさらに診断は明確になります。大きさが5センチを超える場合には脂肪腫以外のできもののリスクがありますので、MRIを撮ってから治療することを勧めています。

04
脂肪腫はどうやって治療する?

手術で切除します。できものは皮膚の下にありますので、局所麻酔をかけた後に皮膚表面を切開し、中にある脂肪のかたまりを取り出します。当院でも手術を行っていますので、ご相談ください。

 


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図