池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科
よくみる病気 /Common diseases
現在の位置: トップページ よくみる病気
マラセチア毛包炎(もうほうえん)
01
マラセチア毛包炎ってなに?

体の表面には誰でもマラセチアというカビ(真菌)がいます。これが増殖してできる典型的な皮膚の病気は癜風という茶色い斑点ができる病気ですが、マラセチアの増殖が原因で毛穴が炎症を起こし、ニキビのような赤いポツポツができることがあります。

 

02
マラセチア毛包炎の症状は?

見た目には毛穴に一致した赤いポツポツで、ニキビと区別することができません。ニキビが顔に最も多いのに比較して、マラセチア毛包炎は胸や背中といった体でより多く見られるのが特徴です。

 

03
マラセチア毛包炎はどうやって診断する?

赤いポツポツ自体の症状はニキビと区別できません。体のどこにポツポツが出ているかが参考になることがあります。顔にポツポツがなく、体だけにポツポツが目立つ場合にはマラセチア毛包炎を疑う必要があります。

 

04
マラセチア毛包炎はどうやって治療する?

ニゾラールやルリコンといったカビを殺す塗り薬(抗真菌剤)が効くことが多いです。症状が強い場合にはイトリゾールといった抗真菌剤の飲み薬を使うこともあります。

 

通常のニキビに使う抗菌薬の塗り薬や飲み薬が効かない場合には、ポツポツが出ている場所に限らず、マラセチア毛包炎を疑う必要があります。マラセチア毛包炎の場合には抗菌薬を使うと、効かないどころか逆に悪化する場合もあります。


東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • Tel
  • Web受付
  • 地図