土日診療あり。JR池袋駅東口徒歩1分。池袋35番出口すぐ

池袋駅降りてすぐの皮膚科|池袋駅前のだ皮膚科

首イボのご相談なら池袋駅前のだ皮膚科へ|首、まぶた、わきにできる肌色や茶色のポツポツ(アクロコルドン、スキンタグ)の症状と治療について

よくみる病気 /Common diseases
  1. トップページ
  2. よくみる病気
  3. 首イボ(アクロコルドン、スキンタグ)

首イボ(アクロコルドン、スキンタグ)

これは体の中からできるタイプのイボで、うつりはしないので見た目以外には問題は起きませんが、見た目に目立つのでとりたいという患者さんの気持ちは強いです。特に数が多い場合にはラジオ波メスで浅く削ってとるときれいに仕上がります。数が少ない場合にはハサミでの切除、液体窒素での治療も行います。

目次(クリックで開閉)
01

首イボってなに?

首に2mm程度の小型の肌色や茶色のポツポツが30代を過ぎる頃から増えてきます。首以外にも、まぶた、わきといった体のやわらかいところにできます。体質的にできやすい方、できにくい方がいます。

02

首イボの症状は?

1つ、2つある程度の方もいれば首に40個、など多発している人もいます。体の中からできるタイプのイボで、うつりはしないので見た目以外には問題は起きませんが、見た目に目立つのでとりたいという患者さんの気持ちは強いです。除去しても年齢とともに新しい首イボが増えていきます。

03

首イボはどうやって診断する?

通常は皮膚の見た目で診断をつけます。小型のウイルス性のイボや老人性イボ(脂漏性角化症)と区別が難しいことがあります。

04

首イボはどうやって治療する?

ラジオ波メス、もしくははさみを使って除去するときれいにとれます。液体窒素を何回か凍らせて除去することもできますが、軽いやけどの反応を起こすために黒い色が数ヶ月残ってしまうことが多いです。

関連するコラム

東京都豊島区南池袋2-27-5
共和ビル3階B

  • ご予約・診療について
    お電話
  • 待ち時間を短縮
    WEB受付
  • 池袋駅からすぐ
    アクセス